麻里さんの日々〜にしまりちゃん日めくり

西村麻里さん。NYのギャラリーに所属、国内外でアートソロショウを展開する画家。龍の絵は海外でも人気。現在はNFT ARTも手がける。また、共感覚者にしまりちゃんとして数万の鑑定経験がある。当ブログは麻里さんの個展情報を中心に毎日更新中。

粘土細工のアート

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by いつきさらさ (@itsuki_sarasa)

www.instagram.com+++

にしまりちゃんが、ここ数年で新しく取り組んでいるアート作品のひとつに、立体アートがあります。

元々の木型(マリマリア様のシリーズや猫の音楽隊など)や、楽器(福岡会場に“出張”しているアマビエさん)に色を塗っていくこともあれば、粘土をこねるところから始まって彩色まで、という作品もあります。

 

ドラゴンの頭部だけ、という立体作品もありましたっけ。

見た目のイメージよりかなり軽く、驚きました。

 

さて、インスタグラムに載せたのは、地球のようでもあり花芽のようにも丸っこい人形にも見える、不思議な立体アート。

こちら、レビューにも書いた通りでずっしり重いのです。鉄球みたい。

 

とあるご縁から育てている、ヒヤシンスに似ています。

不思議。

花が咲いたら、また並べて写真をアップしますね。

お楽しみに。